探偵に調査を依頼をする時に事前に考えておくべきこと

探偵は、特に浮気調査などの問題が起きたら必須です。

ただし、「今すぐ探偵に依頼をする!」と決意をしておられる方のなかには、怒りや悲しみに心が支配されている方もいるのではないでしょうか?

しかし、怒りや悲しみに満ちた心の状態では、良い探偵を見つけ出したり、的確な事前準備は難しいでしょう

感情的な状態で、探偵へスムーズに依頼ができている方はほとんどいません。

自分ひとりではどうにもならない問題を早急に解決するために、探偵に依頼を考えているはずです。

残念ながら探偵は『意見をなんでも聞いてくれる便利なもの』ではありません。
きちんと冷静に指示や依頼をする必要があります。

  • 調査力を無視して依頼したために、尾行や張り込みで失敗し、対象者に気づかれてしまった
  • ホームページに低料金とあったので探偵に調査依頼をしたが、調査終了後に高額な値段を請求された
  • 早く結果が知りたいという気持ちが先走り、調査期間を短く設定して依頼したところ、証拠が掴めなかった
  • 探偵社から受け取った調査報告書の内容に不備があり、離婚裁判で証拠不十分だと判断された

そのため、出来れば、探偵に依頼を決意したのなら、冷静になっていただきたいのです。
深呼吸をしたり、一度体を動かしてみるのも良いでしょう。

落ち着いた精神状態を手に入れてから、当サイト『探偵の依頼で考えておくこと』を十分にチェックしてください。
探偵に依頼するときに、事前に必要な知識を蓄えておくことで、効率よくスピーディーな問題解決が望めるでしょう。

<探偵の主な調査の種類>

浮気調査とは?
人探し調査

探偵の料金プラン
依頼前に知っておきたい、探偵と調査を契約する一般的な料金プランと、探偵に追加で支払うこともある実費や延長・深夜料金などについて解説します。

探偵業法
探偵が守るべき法律です。探偵がやってはいけない調査方法や、探偵事務所と契約を結ぶ際に必要な契約書など、依頼者も知っておきたい知識があります。

違法となる調査

探偵の質問

探偵とはどういう意味?

探偵は、調査業者の一種です。
2007年に施行された探偵業法により、探偵業務について次のように記しています。他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務。つまり、探偵とは、特定の人物の行動や所在など、依頼者から受けた依頼内容を調査する人、ということです。

探偵業とはどういった仕事?

探偵は、依頼主となる人・企業からの依頼内容に基づいて、さまざまな調査をすることが仕事です。
探偵は主に、浮気調査・素行調査・所在調査・個人や企業の信用調査・盗聴器や盗撮機の発見調査を業務内容としています。
依頼主から依頼された調査内容の遂行するために、尾行や聞き込み、張り込みなど行って調査をします。尾行技術や張り込み技術の他に、法律の知識や運転技術など、あらゆる分野の知識が必要な職業でもあります。