1. ホーム
  2. 浮気調査とは?

浮気調査とは? 浮気調査の方法から浮気調査の目的まで徹底解説!


今回は浮気調査を検討している方向けに、
浮気調査の方法や、浮気調査を探偵に依頼した際、
どういった情報・証拠が得られるか、を簡単に解説
していきます。


浮気調査とは、

  • 本当に浮気をしているか?
  • 浮気相手は誰か?
  • 浮気の頻度や場所は?

などを突き止める調査のことです。


浮気調査は素人が自力で行うこともできますが、調査の目的によってはプロ(興信所・探偵事務所)に任せた方がスムーズな場合もあります。
まずは、浮気調査のよくある目的を4つご紹介していきます。


浮気調査の目的1 真実を突き止めるため

本当にパートナーが浮気をしているのなら、その真実を掴みたい、と願っている方は多いはずです。


真実を知ったあとにどうするかはさておき、今後の身の振り方を決めるためにもとりあえず本当のことが知りたいと感じ、真実の追求を目的に浮気調査をする人は一定数存在します。


浮気調査の目的2 慰謝料の請求のため

相手が浮気をしていると確信しており、浮気されたことによる精神的な損害を慰謝料として請求したいと考え、浮気調査をする人も多いです。

相手が浮気を認め、示談だけで慰謝料を支払ってくれたらスムーズなのですが、こじれると裁判にまで発展するケースもあります。

そういった場合の裁判では、浮気による慰謝料請求ができる証拠を提供する必要があるのです。

浮気による慰謝料請求ができる証拠というのは、肉体関係を持った証拠のことです。

たとえば、ラブホテルに出入りしている写真だったり、お互いの自宅などのプライベート空間に一定の時間滞在したりした証拠です。
なかなか素人の調査では限界がありますので、裁判に発展する可能性があるのなら、プロに浮気調査を依頼した方がいいでしょう。


浮気調査の目的3 別れ話を有利に交渉するため

浮気をしている人は、簡単には浮気をしているとは認めません。

浮気をしているはずなのに、尻尾を掴むことができずに悔しい思いをしている方は少なくないでしょう。
別れたいけれど相手が浮気を認めてくれず、浮気の証拠をつきつけて別れ話をスムーズに進めたい、という動機から、浮気調査に乗り出す人もいます。

離婚をしたい、というときにも、浮気の証拠があれば話が手っ取り早いでしょう。



浮気調査の目的4 浮気を認めさせパートナーとやり直すため

浮気したからと言って、子供がいたり、さまざまな家庭の事情から別れを選ぶことができない人も大勢います。

そこで、浮気を認めさせ、もう二度としないと誓わせたうえで、関係をゼロからやり直したいと考える人も多いのです。

浮気調査によって証拠がそろっていれば、ぐうの音もでないでしょう。誓約書などで今後について取り決めれば、浮気被害者の気持ちも晴れるはずです。

探偵が行う浮気調査の方法

次に、探偵に依頼した場合の浮気調査の方法についてみていきましょう。


依頼者からの情報確認・現場の下見


まずは依頼者にヒアリングを行います。

  • いつから浮気をしているのか?
  • 手持ちの証拠はあるのか?
  • いつ浮気している可能性が高いのか?
  • ターゲットの職場はどこか?

など、様々な情報をヒアリングし、浮気現場になりそうな土地の周辺の地図を調べたり、現場を下見したりします。


尾行・張り込み

浮気している可能性が高い日に対象者を尾行し、喫茶店やホテルに入った場合は、出てくるまで張り込みをします。


粘り強く、ターゲットにはばれずに、そして周辺の人間にも怪しまれずに、張り込むのは探偵でなければ難しいことです。


GPSで位置情報を取得し追跡


対象者が依頼者と共同名義の車を使っている場合などは、車にGPS発信機をつけることも可能です。

GPS発信機を追えば、浮気の現場を抑えるのは簡単です。
また、共同の持ち物であれば、車に盗聴器を仕掛けることも合法です。(※仕掛けるのは依頼者)


特殊な撮影機材を使った証拠集め

ラブホテルなどに出入りしている写真をとる場合、暗視カメラといって暗闇でも顔をはっきり写すことができるカメラを使用します。


浮気は昼間よりも、夜行われることが多いので、高度な機械を使うことも大切なのです。

探偵による浮気調査で得られる証拠とは?


探偵による浮気調査で、得られる証拠についても確認しておきましょう。


浮気が真実である証拠

まずは、見たくもないかもしれませんが、浮気の事実を確認できる証拠が手に入ります。
自分の手では取得することが難しい、顔がはっきりと映った「ラブホの出入り映像」「夜道や車内でのイチャイチャ映像」も、取得できます。


これがあれば、浮気について知らぬ存ぜぬを決め込むことは難しいはずです。


浮気相手の情報

浮気相手の住所や勤め先、名前、どういったルックスかなどの情報を、探偵が撮影した映像を通して知ることができます。


また、場合によっては聞き込みなどにより、いつから浮気が始まっていたかや、ふたりの親密度なども知ることが可能です。


裁判で使える調査報告書

いざ、探偵に浮気調査を依頼すると、証拠映像のほかに、調査報告書を出してくれます。


調査報告書には、浮気相手に会っていた時間や、場所、どういった行動をとったかなどが分単位で克明に記されているため、ターゲットの浮気当日の様子をつぶさに知ることができるでしょう。

こうした正確な記述で作成した報告書は、裁判所にも提出できるものです。

浮気調査を依頼する探偵選びは慎重に!

今回は、浮気調査を依頼した際、どういった証拠が得られるかを解説しました。


慰謝料の請求やこじれそうな離婚問題に発展しそうだと考えている場合は、素人での浮気調査よりもプロに依頼した方が良いでしょう。

ただし、探偵への依頼料金は安価とは言えません。数十万円かかることもザラですので、質のいい探偵に依頼したいところです。


探偵事務所に依頼する際は、複数社を比較検討し、相見積もりをとってから決断を下しましょう。